骨格診断ウェーブログ

骨格診断ウェーブがプチプラで素敵な着こなしを模索するブログ

好きなものばかりに囲まれていたいけど、できない理由。

それは義母。

半分愚痴みたいで恐縮ですが、まず先に申しておくと、私は義母が好きです。嫌いじゃないです。

www.instagram.com

団塊の世代である義母の趣味は着物のリフォームで、どこからか端切れをたくさんもらってきて、いろいろなものを作ってくれます。母子手帳ケース、わたしの手帳ケース、ブックカバーなどなどなど。私のマタニティウェアのトップスは夏はほぼ義母の手作りでしのぎました。上のインスタ画像は、着物の帯をリメイクして作ったトートバッグ。パンツの裾直しなどもしてくれます。襟付きのシャツの襟をとって骨格診断ウェーブ向きのUネック風にアレンジしてもくれました。すごい、義母。

団塊の世代なので、ものを大切にします。先日は、中のペチコートが破れて捨てようと思っていたワンピースを治してくれました。そのため、捨て時を逃してしましました...。

団塊の世代なので、ものを買うのが好きです。しかも安いものを買うのが好きです。先日も近所のフリマで「あなたのサイズのモノがあって安かったから!」と、VISのスカートとガウチョパンツ合計3着買って送ってきてくれました。

www.instagram.com

あとなににつけても大量なんですよね。1着じゃなくて数着。冒頭でも紹介したこのバッグ、10個くらい作ってたので、そのうち5つくらいいただきました。

 

いくら私が、「本当に気に入るものだけに囲まれて暮らしたい!」と思っていろいろ吟味していても、「安かったから」「サイズがあったから」という理由で、あれこれ大量にいろいろ買ってくれて、私の野望を打ち砕いてくれる義母...。

再三「私は気に入ったものだけに囲まれて暮らしたいから、買わなくていいよ」と言っても、なかなか効きません。聞いてくれません...。

世の中のミニマリストのみなさまは、こういった親族の親切心からなるプレゼントに対して、どのように応じているのか、気になります。。。